AWS RDSのインスタンスタイプ変更にかかる時間

既存サービス拡張のため、RDSのインスタンスタイプを変更しました。

エンジン : MySQL
インスタンスクラス : db.t2.small => db.t2.medium
マルチAZ : あり

これに加えてストレージサイズも5GB => 20GBに変更しました。

この際にかかった時間(ログ)は以下の通りです。

===
mm月 dd 10:10 午前
Finished applying modification to allocated storage

mm月 dd 9:59 午前
Applying modification to allocated storage

mm月 dd 9:59 午前
Finished applying modification to DB instance class

mm月 dd 9:51 午前
Multi-AZ instance failover completed

mm月 dd 9:50 午前
DB instance restarted

mm月 dd 9:50 午前
Multi-AZ instance failover started

mm月 dd 9:42 午前
Applying modification to database instance class
===

サービス停止していたと思われるのは9:50~9:51あたりでしょうか。
1分程度の停止でした。
本番環境のRDSだったので、実施前は色々と心配しましたが、やってみるとあっさり終わりました。
よくよく考えれば大量の実績がある変更なので、不安に思うことなどないのですが・・・
改めてAWSは便利だなと感じました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です