[Xcode] Deployment Target設定の優先度

設定箇所が2個ある

Xcodeの設定で、Deployment Targetという設定項目があります。
古いOSをどこまでサポートしますか?という項目です。
例えばiOS7以降をサポートする場合はiOS7を選択します。

Xcode上、この設定箇所が2個あります。
ProjectとTargetsの2箇所です。

Project(のinfoタブ)
project

Targets(のGeneralタブ)
developer

どっちが優先?

先日、自社プロダクトのアップデートを行う時に、ProjectとTargetsそれぞれの設定値が違う状態でアプリを提出してしまいました。
このとき、iTunes Connect上で認識しているのはTargetsで指定した値でした。

【確認方法】
iTunesConnectの該当アプリ->アクティビティ->対象のバージョン->アップロードしたバイナリの番号をクリック
“ビルドの詳細”の”デバイス要件”で確認できます。

Appleのドキュメントを調べた訳ではありませんが、実際の動きとしてはTargetsが優先ということでした。
今回は気づいたのがWaiting For Reviewになってから数日経過していたのでそのままにして審査を受けました。
審査通過後、ストア上でもTargetsのDeployment Target値が適用されています。

普段からProjectとTargetsの設定値は合わせるようにしておきましょう・・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です